【特定】佐々木朗希の母のバーキン画像と価格!職業は保険営業で再婚は?

佐々木朗希の母のバーキン画像と価格や再婚
千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希(ささき ろうき)選手は、令和の怪物と呼ばれる野球界の若きプリンス。

高校1年時の夏の岩手県大会で147キロの高速球を投げ、更に2018年には154キロを記録しています。

佐々木朗希選手の活躍も気になるところですが、母親がとても美人だと話題 になっています。

実際に佐々木朗希選手の母親のことを調べると、
『母親・バーキン画像・再婚』いったキーワード
が沢山出てきました。

佐々木投手のプロ契約時に母親が持っていたバッグは、高級ブランドエルメスのバーキンなのでしょうか。

その画像を価格も気になります。佐々木投手からプレゼント?それとも再婚相手?

そこで今回は、
・佐々木朗希選手の母親ってどんな人?
・佐々木朗希選手の母親のバーキン画像や高級バッグのバーキンの価格、
・佐々木朗希選手の母親の再婚情報佐々木朗希選手と母の涙の親子エピソード

などについてお届けします。
目次

【特定】佐々木朗希の母親のバーキン画像と価格

佐々木朗希選手にとって美人で優しい自慢の母親である陽子さん。
さて佐々木朗希選手の母親と検索すると、バーキンというキーワードがヒットします。
バーキンとは、あの有名なエルメスのバック。
どうやら千葉ロッテマリーンズの契約時に、陽子さんがバーキンらしきバックを持っていた様子。
画像と動画も確認出来たので気になるところ。
本物なら価格も相当高額でも不思議ではありませんが、果たしてどうなのかこの辺りにも 触れていきたいと思います。

【動画】佐々木朗希に同行した母親とロッテ契約時にバーキン

佐々木朗希選手の母親·佐々木陽子さんが、
ロッテ契約時に同行した際に持参していたバック。

YouTube 動画に当時の様子がアップされていましたが、27 秒辺りに黒いバックが映っています。

種類まで特定出来なかったものの、
見れば見るほど高級ブランドのエルメスのバーキンで間違いなさそうです。
ネット上では佐々木朗希選手にプレゼントされたのでは?とも囁かれていましたよ。
母親の陽子さんのバッグがバーキンの本物であればかなり高額!

残念ながらバーキンかどうかの確定情報はありませんが、
今の佐々木朗希選手ならプレゼ ントに購入出来そうですよね。

【画像】母親のバーキンの推定価格は?

母親·陽子さんの持つバックは、見るからに高級そうなバック。

動画だけでなく画像にも映っています。
仮にそのバックがバーキンならば、推定価格はどうなるのでしょうか?

早速調べてみたらもう目が飛び出してしまうほどビックリ!
バーキン自体の価格は安くても130万円近くっ!!

定価は使われる素材の希少性によって100万~1000万という幅で大きく異なります。

佐々木朗希の母のバーキン画像と価格や再婚

肝心の陽子さんが持つバックに似た大きさで黒のバーキンだと、200万円以上から300万円程度!

一般人にはとても手が出ない代物です(笑)

佐々木朗希の母親の職業や子育て方針

佐々木朗希のプロフィール

佐々木朗希(ささきろうき)選手は、
2001年11月3日生まれの20歳にして、「平成最後の怪物」や「令和の怪物」と言われる実力者です。

U18日本代表合宿参加の際は、163キロという凄まじい球を投げました。

佐々木朗希選手の千葉ロッテマリーンズでの背番号は 17 番。
将来170キロ球を投げてほしいと期待され、この番号になった
ようですよ。

史上16人目の完全試合達成者で、高校時代に行われた岩手県大会では、決勝本塁打を打つ など輝かしい経歴を持っています。

打撃センスに優れ、50m5秒9と驚異の走りを見せたこともあります。

世間では「大谷二世」とも呼ばれていますが、
佐々木朗希選手なら大谷翔平選手に追い付き 追い越すのも夢ではなさそうです。

まだ 20 歳にして数々の成果を残しているので、可能性は十分ですよね!

佐々木朗希の家族構成

ここからは佐々木朗希選手の家族構成について触れていきます。

【佐々木朗希選手の家族構成】
・父親:功太さん
・母親:陽子さん
・長男:琉希(りゅうき)さん
・次男:佐々木朗希選手
・三男:怜希(れいき)さん
母親の陽子さんをはじめ、兄と弟が一人ずついらっしゃるそうです。男ばかりの三人兄弟なんですね!

佐々木家の長男の琉希さんは
インタビュー内容は岩手県内の新聞に掲載されていて、2019年当時は東北大学の3年生で した。
因みに佐々木朗希選手が野球を志したのは、野球をやっているお兄さんの影響だそうです。
さて三男の怜希さんですが、岩手県の「猪川野球クラブ」で内野手を担当。

2017年楽天イーグルス杯優勝経験もあり、野球の才能に恵まれていることがうかがえます。

また、佐々木朗希選手の父親·功太さんはあの東日本大震災で亡くなっています。

一家の大黒柱だった父親亡き後、
佐々木朗希選手に厳しく接し成長の手助けをしたのが長男の琉希さん。

長男ということで父親功太さんに躾を厳しくされてきた琉希さんは、自分が父親代わになろうと決断。

琉希さんが亡き父親と同じように接してくれたお陰で、佐々木朗希選手も大きく成長出来たようです。

佐々木朗希の母親•陽子さんが美人と話題

佐々木朗希選手の母親は、佐々木陽子さんというとても綺麗な女性で、

千葉ロッテマリーンズとの契約時に、
息子さんと同席している写真はかなり有名です。

プロ契約時に同席した動画が一般公開された際には、
『綺麗、美人!、若い』とかなり話題になりました。

母親の陽子さんは佐々木朗希選手を育て上げ、
野球選手に相応しい体づくりにも二人三脚で取り組んでこられました。

確かに写真を見ると息子思いなしっかりとしたお母さんにも見えます。

【特定】佐々木朗希の母親の職業は保険営業

佐々木朗希選手の母親·陽子さんは、
震災でご主人を失ってから女手一つで三人の子供達を育ててきた苦労人です。

震災後には陸前高田から大船渡へ引越し、
愛息子達の為に母親の陽子さんは必死に働いてきました。

母親の陽子さんの職業は保険営業員。
家族四人分の生活費を稼ぎながらの子育ては、それはもうハードだったのではないでしょうか?

母親・陽子さんの子育て方針の一つは、
夜9時に部屋を暗くして子供達を寝かせることです。

よく寝る子は育つと言われますが、陽子さんはそれを三兄弟に有言実行。

佐々木朗希選手が大船渡時代は、
二人三脚で体づくりに取り組み、一日6合のご飯を食べさせ、1年間で10キロの増量に成功しています。

佐々木朗希選手の現在の健康的でしっかりとした体つきは、お母さんの努力の賜物でもあるわけですね。

陽子さんは、親族とともに朗希ら3兄弟を育ててきた。大船渡時代は、二人三脚で体づくりに取り組み、1年夏から一日6合のご飯を食べさせ、1年間で10キロの増量に成功。昨夏、U18W杯が行われた韓国にも駆けつけ、キムチやニンニク料理が苦手な息子のために「何か食べられるものを」とカップラーメンやカルピスを差し入れただけに、うれしいプロ初勝利となった。

スポニチ

佐々木朗希の母親は再婚した?

前述しましたが佐々木朗希選手の父親は、東日本大震災で亡くなっています。

ただ母親·陽子さんは2022年時点でまだ49歳と若い女性。

一部では再婚という説も囁かれていますが、真相はどうなのでしょう?

また佐々木朗希選手の父親との悲しみの別れについても触れていきます。

父親との涙の別れ

佐々木朗希選手の子供時代

佐々木朗希選手の父親が未曾有の大震災で亡くなったのは、まだ彼が9歳の時でした。

出身地の岩手県陸前高田市は津波の影響が凄まじく、その被害は想像を絶するもの。
震災当時、葬儀屋で働いていた父親とは、
震災当日は顔を合わさなかったという佐々木朗希選手

佐々木朗希選手の父親·功太さんは当時まだ37歳で、人生これからの人でした。

家族をとても大切にし、佐々木朗希選手に優しく接してくれた父親との突然の涙の別れは、
とてつもなくショックだったでしょう。
しかも自宅は流され、父親だけでなく祖父母も津波に飲み込まれたそうです。
悲しみやむなしさに苛まれた時も、多くあったと本人が語っています。

母親の陽子さんやご兄弟の支えがあったからこそ、”涙の別れ”から立ち直ることが出来たのですね。

母親•陽子は再婚した?

佐々木朗希選手の母親と検索すると、
キーワードとして出てくるのが”再婚”の文字。

2022年時点で49歳の陽子さんは、写真を見ると本当に美人な女性。
再婚していてもおかしくなさそうです。

実際ネット上では母親の再婚情報が数多く見られますが、結論から言うと再婚したかは不明です。

確定情報が見当たらないだけでなく、
初勝利を達成した当時の佐々木朗希選手がウィニングボールを「両親に渡す」と語っています。

亡くなられていても佐々木朗希選手にとっては、たった一人しかいない大切な父親。
子供の心情を考慮すると、再婚をしていなくても不思議ではないですね。

また陽子さん自身もご主人とは周囲から評判の仲良し夫婦だったようです。

となると他の男性と一緒になることは、考えられなかったのではないでしょうか?

佐々木朗希と両親(父•母)の涙のエピソード

続いて、佐々木朗希選手と両親の印象深いエピソードを紹介します。
佐々木朗希選手は両親に愛情深く育てられ、とても立派な好青年に成長しました。

優しく人情味溢れる両親との思い出は、きっと涙が流れるような感動場面があったに間違いなし。

ということで早速佐々木朗希選手が両親と体験した思い出エピソードを5つお届けしていきます。

エピソード①亡き父との思い出

佐々木朗希選手の亡き父親·功太さんは、
長男に対して躾が厳しかったそうですがとても家族思い。

いつもニコニコと朗らかで、息子達には沢山の愛情を注ぎました。

休日には子供達の野球の練習相手になってあげたほどの良きパパさんで、
気さくで行動力 もあり周囲にすぐに人が集まっていた
そうです。

そんな亡き父親と少しでも一緒に時間を共有出来て、
佐々木朗希選手にとって生涯忘れら れない思い出になったことでしょう。

佐々木朗の父に野球経験はなくバスケットボール経験者だったが、よくキャッチボールをしてくれた思い出が残る。子煩悩で優しかった。そのぬくもりは今も忘れないし、その存在があったからこその今があるのだと佐々木朗は思う。

文春オンライン

エピソード②ウィニングボールは両親に

佐々木朗希選手がプロに転向し初勝利を飾ったのは、2021年5月27日に行われた阪神タイガース戦。

その際に佐々木朗希選手手に入れたウイニングボールは、両親にプレゼントすると名言。

そんな息子の言葉を聞いた陽子さんは、思わずその場で涙を流したそうですよ。
なんて親思いな息子さんなのでしょうね。

ヒーローインタビューでウィニングボールを誰に渡すかと問われ「両親に渡したいと思います」と即答したものだ。
「あれは別に事前に考えていたわけではなくて、インタビュアーに聞かれてとっさに出た言葉です。でも今思うと、ああいう風に答えられてよかったかなと思っています。ボクは両親に育ててもらったので

文春オンライン

エピソード③母の日のプレゼント

母親のことが大好きな佐々木朗希選手。

小学4年時に100均のタオルハンカチ、
小学5年時にロールケーキと母の日にプレゼント を渡していました。

100 均のタオルハンカチでも、まだ幼かった佐々木朗希選手のプレゼントに陽子さんは大喜び。

大切な息子がくれたものは、母親にとって宝物になるに違いありません。

きっと上に挙げた以外にも、毎年母親にプレゼントを渡しているのではないでしょうか?
このエピソードだけでも、陽子さんを大切に思っていることが伝わります。

僕は小学4年生の時に100円ショップに行って、母にタオルハンカチをプレゼントしたことがあります100円なので“喜んでくれないかなあ”と思ったのですが、とても喜んでくれたのを鮮明に覚えています」(中略)
小学5年の時にはロールケーキをプレゼントした。「その時はサプライズでガレージにケーキを隠して、夕食が終わってから取りに行ってプレゼントした。それもとても喜んでくれた」。覚えているのは、やはりうれしそうな母の姿だった。

スポニチ

エピソード④母の手作り料理にダメ出し

千葉ロッテマリーンズ入団までの、佐々木朗希選手の料理担当は母親の陽子さんでした。
ただ料理の献立について細かく注目されることもあると、陽子さんは語っています。
つまり母親の手作り料理に対してのダメ出し。

勿論食事を用意することの大変さは分かっていたとは思いますが、健康面と体づくりを考 えると献立選びが重要。

いろいろ注文するのも悪いなと思いつつ、どうしても妥協出来なかったのでしょう。
何でもはっきり言えるのは、それだけ仲良しな証拠です。

初めて親元を、大船渡を離れ、関東で寮生活を送ることになる息子に「私よりしっかりしているので、1人暮らしでも大丈夫だと思う。最近は栄養バランスを気にしていて『果物と乳製品が足りていない』とダメ出しされちゃいました」と頼もしげに目を細めていた。

中日スポーツ

エピソード⑤母の好きな手料理

佐々木朗希選手によると母親の陽子さんの料理で、好きな料理があるのだとか。

それが陽子さんお手製の豆腐と肉入りハンバーグ!

特製ソースをつけて食べると病み付きになり、陽子さんは彼の為に沢山作ってくれたそうです。

豆腐が混ぜてあるのは健康面を考慮してなんでしょう。
佐々木朗希選手絶賛のお手製ハンバーグ、どんな味なのか一度は食べてみたいですよね。

Q.お母さんの手料理で好きな料理を教えてください。
「ハンバーグです。肉と一緒に豆腐が入っている。お店のハンバーグが食べられないくらいおいしいです。特製ソースもおいしくて、たっぷりつけて食べると最高です。いつもたくさん作ってくれて食べたいだけ食べていました」

日刊スポーツ

まとめ

今回は佐々木朗希選手の母のバーキン画像と価格や、
母親の再婚や涙の親子エピソード両親や兄弟について紹介しました。

・佐々木朗希選手の母の契約時のバッグはおそらくバーキンの可能性が高い
・母親の職業は保険営業
・所持していたエルメスのバーキンの価格は推定200万〜300万円
・父親の功太さんは東日本大震災で逝去しており、長男の琉希(りゅうき)さんが父親代わりに育てた
・佐々木朗希選手は家族思いで、子供の頃から母親へのプレゼントや感謝の言葉を忘れなかった
佐々木朗希選手ほどの有名な野球選手になると、いろいろな情報が出てきますよね。
両親や弟がどんな人物なのか、少しでも皆様に伝えられたら嬉しいです。

佐々木朗希選手はまだ20歳なので、今後大谷翔平選手を越える時が到来しても不思議ではありません。

今後、さらに母親や兄弟の新たな情報が出てくる可能性が高そうですね。
これからの佐々木朗希選手の活躍が楽しみにです。
目次
閉じる