【顔画像】大越健介の息子と嫁は?元球児でデザイナーとJOC !兄は医者

【顔画像】大越健介の息子と嫁は?元球児でデザイナーとJOC?兄は医者

『報道ステーション』のメインキャスターに決まった元NHKアナウンサーの大越健介さん

東大野球部出身で、穏やかな口調ながらも、鋭い視点でニュースを読み解き、わかりやすく伝えるスタイルが大人気だった大越さん。

その大越健介さんの息子さんや奥さん、実のお兄さんに注目が集まっています。

そこで今回は、

大越健介さんの息子や嫁の顔画像や職業、実兄の顔や職業、などについて詳しくお届けしていきます。

スポンサーリンク
目次

大越健介wikiプロフィールと経歴

大越健介wikiプロフィール

名前:大越 健介(おおこし けんすけ)
生年月日:1961年8月25日(60歳)(2021年現在)
出身:新潟県三島郡寺泊町(現・長岡市)

自宅:八王子郊外在住
学歴:新潟県立新潟高等学校
➡️東京大学文学部国文学科
趣味:野球
活動期間:1985年〜
職業:元日本放送協会(NHK)放送総局報道局政治部記者、NHK『ニュースウオッチ9』第4代男性メインキャスター・編集長

大越健介の経歴①学生時代に野球で大活躍

【大越健介の出身高校・大学】

・高校:新潟県立新潟高等学校 野球部
・大学:
東京大学(文科三類) 野球部

大越健介さんは新潟県出身で、進学校の新潟県立新潟高等学校に進学します。

新潟高校では野球部に所属し、2年次には捕手、翌3年次に投手へ転向し春の県大会で準優勝しました。※甲子園には行けず

その後東京大学(文科三類)に進学し、野球部に所属し、右サイドスローの投手として活躍します。

東大エースとして東京六大学リーグで通算50試合登板、8勝27敗、防御率3.52、142奪三振。8勝は東大の投手では5位タイの成績を収めています。

1983年には、日米大学野球選手権大会の大学日本代表メンバーに、史上初めて東大から選出されています。

この時の日本代表メンバーは、後にプロ野球で大活躍する錚々たる顔ぶれでした。

1983年 日米大学野球選手権大会の大学日本代表メンバー

・明治大学の広澤克己、竹田光訓
・日本大学の和田豊
・法政大学の小早川毅彦

スポンサーリンク

大越健介の経歴②NHKで大出世

大越健介さんは東京大学文学部国文学科卒業後、1985年NHK入局します。

大越健介さんのNHKでの経歴をまとめます。

・1985年、NHK入局後初任地は岡山局、以後、国内各放送局での勤務を経て報道局政治部に配属
 政治記者として、橋本龍太郎(第82代内閣総理大臣)の番記者

・2005年、 NHK ワシントン支局に配属、2007年に同支局長に就任。
 ジョージ・W・ブッシュ大統領への直接取材、バラク・オバマの大統領就任式取材総指揮などを行う

・2010年、『ニュースウオッチ9』のメインキャスターに就任

・2018年、『サンデースポーツ2020』のキャスター

・2020年、NHKスペシャルのキャスターに就任

・2021年6月30日付けを以てNHKを定年退職後、2021年10月期からのテレビ朝日『報道ステーション』のメインキャスター就任が決定

1985年にNHK入局後、早い段階で当時の橋本龍太郎総理大臣の番記者になるなど、若い頃から将来を嘱望されていたことがわかります。

その後、アメリカワシントン支局など出世コースを歩み、

帰国後はNHKの夜のニュース番組『ニュースウオッチ9』のメインキャスターに就任します。

2021年6月30日付けを以てNHKを定年退職後からわずか9日後の7月9日、

2021年10月期からのテレビ朝日『報道ステーション』のメインキャスター就任が決定

大越さんの同期入局には安住淳議員(現在は衆議院議員、立憲民主党国会対策委員長)がいて、NHKでは記者をしていました。

スポンサーリンク

大越健介の家族構成(息子と嫁)

大越健介さんには奥さんと3人の息子さんがいます。

【大越健介の家族構成】

大越健介

・長男(大越遼介)
・次男(大越光介)
・三男(大越陸)

父親の大越健介さんと同じように、3人の息子さん全員が、学生時代に野球をしています。

また、息子さんたちは3人ともすでに成人していて、中には子供さんもいて、大越健介さんはすでにおじいちゃんなんです!

大越さんのNHK時代のブログの中で、息子さんや妻とのエピソード、孫の誕生など、さまざまなことを語っています。

それでは大越健介さんのご家族を一人ずつ、エピソードと共に見ていきます。

【画像】大越健介の息子(長男・大越遼介)

大越遼介のプロフィール

【顔画像】大越健介の息子と嫁は?元球児でデザイナーとJOC?兄は医者

【大越健介の長男・大越遼介のプロフィール】

・名前大越遼介(おおこしりょうすけ)
・年齢:1987年7月26日 34歳 (2021年現在)
・出身地:東京都八王子市
・身長:173cm、体重:73kg
・血液型:A型
・学歴:日本大学第三高等学校➡️明治大学政治経済学部政治学科 ※上の画像は大学野球部時代
・職業:デザイナー 
・勤務先:不明 ※以前の勤務先は新日鐵住金ステンレス株式会社

2010年に大学を卒業後、新日鐵住金ステンレス株式会社(現在の日鉄ステンレス株式会社)に就職し山口県に配属。

その後、2014年に山口県から東京本社へ転勤しています。

大越遼介は甲子園・大学野球で大活躍

【顔画像】大越健介の息子と嫁は?元球児でデザイナーとJOC?兄は医者

大越健介さんの長男の大越遼介さんは日大三高(日本大学第三高等学校)野球部時代に、

左腕エースとして第87回夏の甲子園に出場しベスト8まで進んでいます。

その後、明治大学政治経済学部政治学科に進学し、硬式野球部で活躍しています。

大学時代、大越遼介さんが現役時代、自身の成績が伸び悩む中、インタビューで同じ球児だった弟の光介さんのことについて語っています。

「ひとりじゃ頑張れないけど、支えてくれる人がいるから野球を続けられる」

「その中でも、2歳年下の弟・光介は特別な存在だ。」

「好きなだけ野球ができる環境にいられるのも大好きな家族のおかげだ。」

「弟の分も頑張ろう」

引用元:明スポWEB

父や兄と同じく野球をしていた次男の光介さんは、手術が原因で野球が出来ない状態に。※詳細を後述しています。

【大越遼介】
「やりたくてもできない人もいる。なのに自分は…」

その後、2010年に明治大学を卒業し、社会人となります。

スポンサーリンク

大越遼介は社会人野球でも大活躍

【顔画像】大越健介の息子と嫁は?元球児でデザイナーとJOC?兄は医者

大越遼介さんは2010年に大学卒業後、新日鐵住金ステンレス株式会社(現在の日鉄ステンレス株式会社)に就職し山口県に配属されます。

山口県では社会人野球の『光シーガルズ』に内野手として所属し、2012年まで活動。

2014年に東京本社への転勤が決まり、社会人野球を引退しています。

光シーガルズの公式ブログには、大越遼介さんの紹介ブログがありました。

2010年08月13日
背番号13番!大越遼介誕生!強豪高で野球していただけあって考え方などはホント大人の考え方を持ちしっかりしています!

投手のくせに、高校時代はあのハンカチ王子斉藤裕樹から本塁打を放ったというバッティングに自信を覗かせる一面もあり

引用元:光シーガルズ公式ブログ

『ハンカチ王子』としてその後スターとなった斎藤佑樹投手から、ホームランを打ったとは!

しかも投手ですよね。遼介さん恐るべしです。

大越遼介の仕事はデザイナー

【顔画像】大越健介の息子と嫁は?元球児でデザイナーとJOC?兄は医者

大越遼介さんは、大学卒業後一度は製鉄会社に勤務しますが、以前よりデザインの仕事に興味があったようで、その後デザイナーを志すようになります。

『東京デザインプレックス研究所』というデザイン学校で、グラフィックデザインを学び、グラフィックデザイナーとして活動。

そして2018年には、東京都小金井市の市制施行60周年シンボルマークを手がけています。※上記画像

野球一筋の学生・社会人野球時代から、製鉄会社勤務、そして現在はデザイナーと華麗なる転身ですね。

また、プライベートでは2014年12月に長男の大越遼介さんに娘が生まれています。

長男の遼介さんには、今年2021年に小学1年生7歳になる娘さんがいるんですね。

大越健介さんがおじいちゃんになったんですね。

スポンサーリンク

【画像】大越健介の息子(次男・大越光介)

大越光介プロフィール

【顔画像】大越健介の息子と嫁は?元球児でデザイナーとJOC?兄は医者

【大越健介の次男・大越光介のプロフィール】

・名前大越光介(おおこしこうすけ)
・年齢:1989年8月18日 32歳 (2021年現在)
・出身地:東京都八王子市
・学歴:日本大学第三高等学校➡️順天堂大学➡︎フロリダ州立大学大学院
・職業:JOC職員
・勤務先:JOC公益財団法人日本オリンピック委員会

大越健介さんの次男の大越光介さんは、長男の遼介さんの2歳年下になります。

光介さんもまた、父親の健介さん、長男の遼介さんと同じように幼少期から野球に打ち込みます。しかし、あることが起こります。

大越光介は野球少年だったが手術に失敗

【顔画像】大越健介の息子と嫁は?元球児でデザイナーとJOC?兄は医者

大越健介さんの次男の大越光介さんも、少年野球から野球に打ち込んでいましたが、あることがきっかけで、野球を続けることができなくなってしまいます。

長男の遼介さんが以前インタビューで、弟の遼介さんのことをこのように語っています。

2歳年下の弟・光介さんは特別な存在だ。

父や兄と同じく野球をしていた光介さんは、高校時代に受けた手術がうまくいかず、野球ができなくなってしまった。

「弟の分も頑張ろう」

引用元:明スポ

小学校・中学校と野球一筋だった光介さんでしたが、高校時代に受けた手術が上手くいかず、野球を諦めざる終えなかったようです。

当時、光介さんは自身が野球をやりたくても出来ない状況の中、兄の遼介さんを甲子園出場までエールを送り続けたそうです。

大越光介の仕事はJOC職員

大越遼介さんは日大三高を卒業後、順天堂大学に進み、フロリダ州立大学大学院に進学しています。

上の画像の名前・経歴・年齢と下のツイートと、これまでの学生時代の経歴などを確認したところ、大越健介の次男は大越光介さんで間違いないようです。

【顔画像】大越健介の息子と嫁は?元球児でデザイナーとJOC?兄は医者

次男の光介さんは高校の途中まで野球一筋で、その後できなくなっています。

道半ばだった光介さんはフロリダ州立大学でスポーツビジネスを勉強し、オリンピック委員会に就職したというのも納得できます。

スポンサーリンク

【画像】大越健介の息子(三男・大越陸)

大越陸のプロフィール

【顔画像】大越健介の息子と嫁は?元球児でデザイナーとJOC?兄は医者
左の男性が大越陸さん

【大越健介の三男・大越陸のプロフィール】

・名前大越陸(おおこしりく)
・年齢:1990年 31歳 (2021年現在)
・出身地:東京都八王子市
・学歴:都立国立高校➡️慶應義塾大学
・職業:資源関係

大越陸さんのfacebookによると、高校は偏差値71の難関高校の都立国立高校に入学し卒業。

1年間浪人した後に、慶應義塾大学に入学しています。

ここで大越家の学歴を見てみると、みなさん高学歴で、しかもみなさん学生時代は野球に打ち込んでいて、まさに『文武両道』を絵に描いたような一家です。

【大越家の学歴】

・父親:大越健介 東京大学
・長男:大越遼介 明治大学
・次男:大越光介 フロリダ州立大学大学院
・三男:大越陸 慶應義塾大学

大越陸は慶應大学で自転車競技部に所属

【顔画像】大越健介の息子と嫁は?元球児でデザイナーとJOC?兄は医者

大越陸さんは慶應義塾大学の自転車競技部に所属していました。

上の画像をみると、さすが自転車競技選手、脚がかなり鍛え上げられています。

【慶應義塾體育會自転車競技部】

1902年(明治35年)に創部された現存する日本最古の自転車競技チーム

この歴史ある自転車競技部で、2011年12月5日に行われた六大学戦クリテリウムで、
リタイアする部員が多い中、大越陸さんは18位と好成績を収めています。
慶應義塾體育會自転車競技部

スポンサーリンク

大越陸と父親・大越健介のほっこりエピソード

大越健介さんの三男については、名前や年齢などの情報が現時点でありませんが、ほっこりしたエピソードがあったのでお伝えします。

大越さんが現在住んでいる八王子出身の音楽アーティスト「FUNKY MONKEY BABYS」。

2011年の大晦日での出来事です。
「FUNKY MONKEY BABYS」がテレビに出演していた際に、まだ実家で生活していた三男に大越健介さんは質問します。

【大越健介】

「おい、あの一番後ろで手をたたいてる人はどういう仕事なんだ」

とDJケミカルのことに対して大越さんが聞くと、三男は呆れたように、

【三男】

バカだなあ、彼がいるから盛り上がるんじゃないか

と一蹴され、すぐに部屋から三男は出て行ってしまったそうです。

いつも鋭い切り口で政治家に質問したり、真面目に解説している大越さんも、おうちでは普通のお父さんですね。

スポンサーリンク

大越健介の嫁とエピソード

大越健介と嫁のエピソード①大晦日に爆睡でおひとりさま満喫

大越健介さんは一般人の女性と結婚しています。一般人のため名前や年齢などは公表されていません。

しかし、奥さんについても、大越健介さんがブログで語っているエピソードがあったのでお届けします。

2012年01月04日の大越健介さんのブログには、

成人した3人の息子たちは、彼女なのか友だちなのか、年越しは誰かと外で迎えると言う。

いきおい、カミさんと2人の大晦日の夜、ということになるが、この人は夜も8時を過ぎると起きていられず、こたつの中でコテンと寝てしまうので、今年の紅白は、1人で見ることとなった。(中略)

家内は予想通り爆睡状態となり、いよいよおひとりさまの世界である。

万全の態勢で臨んだぼくの紅白鑑賞は、時折、カミさんの寝言に横やりを入れられたものの、申し分のないものであった。

引用元:http://www.nhk.or.jp/nw9-okoshi-blog/100/105552.html

このブログ見つかったら奥さんに怒られそうですね。
しかも奥さんが爆睡して、ひとりを満喫したみたいに書かれてしまっています。

大越さんと奥さん、長い時間を共にしたごく一般的な夫婦の大晦日の風景ですね。

大越健介と嫁のエピソード②3人育児と家事に疲れ限界で夫婦関係が険悪に

大越健介さんと妻のエピソードとして、自著で夫婦間の問題についても語っています。

毎日野球をする3人の男の子を育てながら、日々政治記者として奮闘する夫の大越健介さんを支える。

このハードワークに大越さんの妻の限界が来て、夫婦関係が悪くなったと話しています。

そのころ、妻は体調を崩しがちだった

三人の息子たちの子育てにてんてこ舞いなのに、夫の助けはほとんどあてにならなかった。

政治記者などという仕事は、まともに休みは期待できないし、仕事に出て行ったら最後、夜中まで帰ってこない。・・・・妻は私をしだいに責めるようになった。
私の多忙をではない。妻は私の本質的な勘違いをわかっていた。

私は、どこかに感謝の心を置き忘れ、鼻持ちならない空気を身にまとうようになっていたのだと思う。
妻はたびたびそのことを指摘し、私は言われておもしろいはずがなく、妻との関係は険悪になっていった。

しかし、彼女の体調悪化がいよいよ深刻となり、やつれて倒れ込むことが増えるにつれ、さすがに鈍感な私も気づくようになった。

引用元:大越健介著書「ニュースキャスター」

大越さんは、2005年から2009年までアメリカワシントンに駐在もしています。

奥さんがアメリカに同伴したか明らかではありませんが、同伴しても、日本に残るにしても、アメリカ駐在中はかなり大変だったと推測されます。

スポンサーリンク

大越健介の兄は医者で病院長

大越健介さんの実兄は大越章吾(おおこし しょうご)さんで、現在、日本歯科大学新潟生命歯学部教授 兼 日本歯科大学医科病院病院長をしています。

お兄さんが国立大学医学部出身で医者、弟の健介さんは東大野球部出身でNHKのメイン番組のキャスターって、大越家最強ですね。

ここで大越健介さんのお兄さん大越章吾さんの経歴についてまとめます。

大越健介の兄の大越章吾

・1983年、新潟大学医学部を卒業

・1986年、新潟大学第三内科大学院に入学

・その後秋田赤十字病院在籍中に日本で初の陥凹型大腸早期がんの内視鏡診断に携わる

・1987年、新潟大学医学部ウイルス学教室

・1988年から国立がんセンター研究所ウイルス学教室でHCVの分子クローニングを行い、初めて日本型HCV遺伝子の分子クローニングの成果を発表

・1994年から米国赤十字研究所で肝炎のマウスモデルの研究

・その後、新潟大学第三内科講師、昭和大学横浜市北部病院准教授を経て、現在は日本歯科大学医科病院病院長

大越章吾さんは長年、肝炎ウイルスの研究診療していて、現在は新潟にある日本歯科大学新潟生命歯学部教授 兼 日本歯科大学医科病院病院長をしています。

大越健介さんのお兄さんの大越章吾さんもすごい出世をされていますね!

スポンサーリンク

大越健介以外のNHK出身の民放転身組

大越健介さん以外にもNHK出身のキャスターで民放に転身したキャスターが多くいます。

・現在ニュース解説で大人気の池上彰さん
・『世界ふしぎ発見』の草野仁さん
・夜のニュース番組でお馴染みの有働由美子さん
・お笑い芸人のバナナマンの日村さんと結婚してバラエティ番組で大活躍の神田愛花さん

など、多くの方が大活躍されています。

大越健介さんの『報道ステーション』もメインキャスター就任決定のニュースが決まった途端、ツイッターのトレンド上位に上がるほど期待をしているようです。

早速みんなの声を見ていきます。

大越健介キャスター就任についてみんなの声は?

大越健介さん『報道ステーション』のメインキャスターに決まったことについて、みんなの声を見ていきましょう。

スポンサーリンク
目次
閉じる