ゆたぼん父(中村幸也)が前科ありで出馬!薬物•窃盗•恐喝の逮捕歴と学歴

少年革命家YouTuberとして活動する
ゆたぼんのお父さんこと中村幸也さん

そのゆたぼんパパが、
衆議院選挙に出馬すると話題になっています。

しかしネットで『ゆたぼん お父さん』『中村幸也』と検索すると、
どちらも『前科』というワードが・・・

そこで今回は、
ゆたぼんのお父さん(中村幸也さん)の前科(逮捕歴)の具体的な内容や、
学歴を詳しく調査したいと思います。

スポンサーリンク
目次

ゆたぼん父親(中村幸也)が衆院選出馬へ!

少年革命家YouTuberのゆたぼんのお父さん・中村幸也さんが、
次期衆院選で立候補することが明らかになりました。

今回出馬しようと思ったきっかけや、立候補の理由、
国政でどんな取り組みがしたいのか見ていきたいと思います。

ゆたぼん父親(中村幸也)選挙出馬のきっかけは?

つい先日も、論破王のひろゆきさんと、
子供の教育について論争を繰り広げ、
注目されていたゆたぼんのお父さん。

【ゆたぼんのお父さん(中村幸也)の国政出馬のきっかけ】

ゆたぼんのお父さんとひろゆきさんの激しい論争を見たときに、
NHK党の立花孝志党首が立候補を打診した

論破王のひろゆきさんに対し、
一歩も引かずに張り合って応戦していた
ゆたぼんのお父さん(中村幸也さん)を見て、国政に誘ったと言っています。

確かにゆたぼんのお父さん(中村幸也さん)は、
相手がどれだけの著名人でも全く臆することなく応戦している印象です。

これは少年革命家YouTuberのゆたぼんにも通じることなのかもしれません。

ゆたぼんが小学生当時、
ゆたぼんのYouTube『ゆたぼんチャンネル』で、
立花孝志党首ともコラボし堂々とやりとりをしています。

今考えるとこの時から、
ゆたぼんのお父さんを国政へと考えていたのかもしれません。

ゆたぼん父親(中村幸也)選挙立候補の理由は?国政で何をしたいのか?

ゆたぼんのお父さん(中村幸也さん)は、
自身の学生時代や子供たちを育てる家庭の中で得た経験を生かして、

主に教育の機会の充実について取り組んでいきたいようです。

「日本では学校に行けるなら行けよという空気があり、
行かないという選択が認められないのは違うかと。

行かない子は行かない子なりに学べる環境を整えていくことも大事。

学校に行かない選択を持つ子供の親として、
メッセージを伝えつつ、
多様な学びの機会を得られる国づくりができれば

引用元:東スポWeb

現在、長女以外の家族6人はみんな、
地元大阪から沖縄に移住していますので、
選挙区は沖縄の可能性もありますね。

スポンサーリンク

ゆたぼん父親(中村幸也)の学歴は?

ゆたぼんのお父さん(中村幸也さん)は、
かなりやんちゃな学生時代だったようですが、
どのような学生時代を過ごしていたのでしょうか。

早速、学歴とどんな学生時代を送っていたのか見ていきましょう。

ゆたぼん父親(中村幸也)の学歴①出身中学は?中学で逮捕?

前列の真ん中がゆたぼんのお父さん(中村幸也さん)

ゆたぼんのお父さん(中村幸也さん)は大阪府茨木市出身で、
出身中学校を調べましたが、現時点で情報はありませんでした。

ただ上の画像を見ると
『◯◯東中学校』と見えるので、
『大阪府茨木市立東中学校』の可能性もあります。

ゆたぼんのお父さんは、
中学時代から筋金入りの悪として、
学校内でヤンキーとして目立ち始めます。

くわえタバコで校内を闊歩していたそうで、
盗んだバイクで校庭を走る回るといった
ヤンキードラマさながらのヤンチャもしていたそうです。

【ゆたぼんのお父さん 15歳の時】

なんと、ゆたぼんのお父さんは中学3年、
15歳の時に無免許運転とシンナーで現行犯逮捕されています。

そして警察に逮捕されました。

15歳、無免許運転とシンナーの現行犯で、家庭裁判所行き。

母親が警察に迎えに来てくれた時には申し訳ない気持ちでいっぱいで、

引用元:中村幸也オフィシャルブログ

不良仲間と一緒にシンナーを使っている時は罪悪感はなく、
1人で使っていると罪悪感いっぱいになったそうです。

結局、現実から逃げるように「幻覚や幻聴の世界」へと入り込んで行って、
自分がどうしたいのかがわからなくなっていたそうです。

精神的にも身体的にもまだ未熟な中学時代に、
精神と身体と脳にダメージを受けているのがわかりますね。

しかしこれでは終わらず、中学卒業後から、
さらにハードな『前科』がついてきます。
その前科の詳しい内容は後の章でお届けします。

ゆたぼん父親(中村幸也)の学歴②出身高校は?

ゆたぼんの父親(中村幸也)の仕事は?年収は2,000万円超!?

中学卒業後は進学せずに、
鉄筋工の仕事についていましたが、

真面目に働かずに親方に食費を前借りして、
パチンコにのめり込んでいたそうです。

結局、鉄筋工の仕事は3ヶ月で辞めてしまい、
その後は職を20以上も転々とします。

しかしこの時、ゆたぼんのお父さん(中村幸也さん)の母親に厳しく叱責され目が覚めます。

その後、実家のある大阪府茨木市を離れ、
誰も知る人がいない枚方市のパチンコ店で住み込みで働きます。

そのパチンコ店では本気に仕事に取り組み、
しかも仕事をしながら独学で勉強し高卒認定(大学入学資格検定=大検)にも合格。

【大学入学資格検定とは?】

2004年以前の日本の大学に入学する学力の有無を判定し、
試験合格者は高校卒業者と同等の資格が得られる国家試験のこと。略称は大検。

2004年末に廃止され、
2005年より高等学校卒業程度認定試験(高認)に移行。

大検に合格したことによって、
ゆたぼんのお父さんは高校卒業程度の学力はあることが証明されていますが、
高校には進学していないため学歴は『中卒』となっています。

お母さんから叱責される前は、
かなりハードな前科を経験しています。

前科の内容を詳しくみていきます。

スポンサーリンク

ゆたぼん父親(中村幸也)の前科歴がヤバい!

15歳の時に、無免許運転とシンナーで現行犯逮捕されている、
ゆたぼんのお父さん(中村幸也さん)。

中学卒業後、中学時代に入っていた暴走族の副総長となります

それからのゆたぼんのお父さんは人生はハードモードに突入します。

ゆたぼん父親(中村幸也)の前科歴がヤバい!

暴走族の副総長になったゆたぼんのお父さん(中村幸也さん)は、
中学時代よりさらに重い犯罪に手を染めてしまします。

ゆたぼんのお父さんの著書「あきらめる勇気」の
プロフィール欄に書かれていたもの
がこちらです。

ゆたぼんのお父さんの前科

  • 恐喝
  • 窃盗
  • 傷害
  • 麻薬
  • 覚醒剤

    ※中学時代にシンナーと無免許運転で逮捕歴あり

ワルのフルコースですね。薬物にも手を出してしまっています。

もう半グレの状態で、ホンモノに進む寸前だったゆたぼんのお父さん(中村幸也さん)。

この時に『麻薬』『覚醒剤』まで使って、
最終的に精神や脳に支障をきたしたのか、
この頃ゆたぼんのお父さんはうつ病を発症させています。

その時、ゆたぼんのお父さんをこのどん底の状態から救ってくれた人がいます。
その人は・・・

ゆたぼん父親を前科(逮捕)のあと救ってくれた人は?

暴走族の副総長にまでなり、
『恐喝』『窃盗』『障害』『麻薬』『覚醒剤』にも手を染めたゆたぼんのお父さん。

うつ病になったゆたぼんのお父さん(中村幸也さん)を救ってくれたのは、
紛れもない実の母親だったそうです。

その時の母親の厳しい叱責があり、
『このままではいけない』と思い、
地元を離れ今までの友人たち全てと連絡を断った
そうです。

やはり最後に自分を救ってくれるのは、母親なのかもしれません。

スポンサーリンク

ゆたぼん父親(中村幸也)のプロフィール

ゆたぼんお父さんと長女あっちゃんが絶縁の理由は?姉あいりの現在&インスタやブログは?

ゆたぼんの父親(中村幸也)のプロフィール

名前:中村幸也(なかむら ゆきや)
誕生日:1980年3月22日(41歳)(2021年現在)
出身:大阪府茨木市
職業:心理カウンセラー、あきらめる生き方の専門家、禁煙カウンセラー
学歴:中卒
家族:7人家族➡️ゆたぼんのお父さん(中村幸也)、母親(妻)きよみ、

長女の中村あいり、長男のゆたぼん、
次女のゆゆ、三女のみすず、四女のここは
住まい:2018年6月家族4人(長女は置いて)で大阪から沖縄移住
【ゆたぼんの姉(ゆたぼんお父さん長女)関連記事⬇︎⬇︎⬇︎】

  • 中学時代はかなりのやんちゃをしていた
  • 中学卒業後、就職するが3ヶ月で辞め、
    のちに20回以上転職
  • 暴走族の副総長となり、
    恐喝、窃盗、傷害、麻薬、覚醒剤を経験
  • その後うつ病になり地元を離れ、
    次第に仕事をしながら、独学で大検に合格
  • 会社を退職し、営業の仕事を始める
  • 2010年、独学で本格的に心理学と
    カウンセリングを学び心理カウンセラーとなる

これまで鉄筋工、営業マン、禁煙カウンセラー、
心理カウンセラー、講演会講師など様々な仕事を経験してきた、
ゆたぼんのお父さん(中村幸也)さん。

今回、衆議院選挙に立候補したことで、
今後は政治家としての活動を視野に入れていることがわかりました。

ゆたぼん父親(中村幸也)が選挙出馬に世間の声は?

ゆたぼんのお父さん(中村幸也さん)が前科持ちと公表しているので、
かなり多くの人がすでに知っていて話題にしていますね。

これからさらにゆたぼんのお父さんの
『前科持ち』と『国会議員の選挙立候補』というキーワードが並び、議論になっていきそうですね。

今後の選挙活動や選挙の結果などに注目していきたい思います。

スポンサーリンク
目次
閉じる