【特定】榊英雄の性被害女優は石川優実!ブログで1万字超内容告白

榊英雄の性被害女優は石川優実

人気映画監督で俳優の榊英雄(さかきひでお)監督が、複数の女優から性被害の告発をされていると週刊文春が報じました。

今回文春が報じた女優は4名で、名前や顔画像などの詳細は報じていません。

しかし、調査してみると、過去に榊英雄監督の作品に出演した元女優の石川優実(いしかわゆみ)さんが性被害を告白しています。

告白は2022年2月11日に石川優実さんの公式ブログに書かれ、なんと1万2000文字超に渡って述べています。

また石川優実さんは今回の報道を受けて週刊文春の取材も受けています。

今回は榊英雄監督の性被害女優の1人、石川優実さんの性被害の告白内容をまとめてお届けしていきます。

【速報】榊英雄監督と共謀して性加害疑惑が報じられています!詳細はこちら⬇︎⬇︎⬇︎

目次

【特定】榊英雄の性被害女優は石川優実

石川優実のwikiプロフィール

名前:石川 優実(いしかわ ゆみ)
生年月日:1987年1月1日 (35歳)(2022年現在)
出身:愛知県

活動期間:2004年〜
所属:フリー
職業:元グラビアアイドル、元俳優、現在はフェミニスト

石川優実さんは2004年にデビューし、お菓子系アイドルとしてグラビア雑誌で主に活動。

その他にも、女優として2006年から2018年まで数々のイメージビデオや舞台・映画に出演しています。

この期間の間に、石川優実さんは榊英雄監督の作品に出演し、性被害にあっています。

石川優実の#KuToo運動とは

その後、タレント活動を休止し、2019年に#KuToo(クートゥー)運動を開始。

【#KuToo(クートゥー)運動とは】

日本の職場で女性がハイヒールおよびパンプスの着用を義務づけられていることに抗議する社会運動
#MeTooをもじって「靴」と「苦痛」を掛け合わせた造語

石川優実さんは2019年1月24日の自身のツイートで、こう発信し反響を呼んでいます。

私はいつか女性が仕事でヒールやパンプスを履かなきゃいけないという風習をなくしたいと思ってるの。専門の時ホテルに泊まり込みで1ヶ月バイトしたのだけどパンプスで足がもうダメで、専門もやめた。なんで足怪我しながら仕事しなきゃいけないんだろう、男の人はぺたんこぐつなのに。
—石川 優実、Twitter

2019年の年末には「#KuToo」が新語・流行語大賞でトップテン入りし、石川優実さんが受賞しています。

また、2019年のBBCの「100人の女性(英語版)」にも選出されてフェミニストとして世界からも注目されています。

石川優実が榊英雄から受けた性被害の内容まとめ

石川優実の性被害の内容①一切抵抗出来なかった

今回の榊英雄監督の性加害の告発が公になる前の2022年2月11日に、女優の石川優実さんが自身の公式ブログ内で今回の告発内容と同様の内容を投稿しています。

その投稿の中では榊英雄監督の名前はないものの、その後2022年3月10日のブログでは榊英雄氏の名前と2月11日の投稿内容について話しているので、榊英雄監督のことと推測されます。

石川優実さんがフェミニストでもあることから、ブログ内容がかなり多岐に渡るため、榊英雄監督と関係のありそうな箇所のみ抜粋してまとめます。

【石川優実の榊英雄監督の性被害についてまとめ①】
※2022年2月22日投稿分

・監督からイベントに「ミニスカートで来てね」、「次作に出演願いたい」と言われ、その後成人向け映画の出演が決まった

・本読みの日にお尻を触られ、準備期間中にホテルや彼の事務所のマンションに呼ばれ関係を持った。避妊もなかった。

・石川優実さんはキャスティングされる側の自分に抵抗する権利はないと思い、監督に一切抵抗や拒否が出来なかった

・裸の写真や動画を送れとしつこく言われることが続き、ちょっと無理ですと言っても送るまで要求されて、数回送った

・これらの関係は2016年〜2017年のことで、石川優実さんは監督とのLINEは気持ちが悪すぎて全て消去した

石川優実の性被害の内容②裸の写真を送れ

女優の石川優実さんが榊英雄監督から受けた性被害の内容についてまとめます。

この内容は石川優実さんは、2022年3月10日に1万2000文字を超える自身のブログ記事の中で告白しています。

告白内容には自身の性被害に関係することの他に、現在の映画界に対しての想いや性被害の告発による二次被害についての考えなど多岐にわたります。

今回は榊英雄監督に直接関係する内容のみ抜粋してお届けしていきます。

【石川優実の榊英雄監督の性被害についてまとめ②】
※2022年3月10日投稿分


・榊英雄氏が『レイ●ーって噂があるから気をつけて』と言われていたが、その時すでに関係を持ってしまっていた。自分は抵抗してないので仕方ないと思った。

・「私があの時したかったのは、性行為ではなくて芝居だったな。」と最終的に感じ、当時のことをできるだけ考えないようにしていた。

石川優実さんと榊英雄氏が関係を持ったのは今から6年前(2016年ごろ)

・石川優実さんは関係を持つのを嫌だったが、当時も明確な拒否行為はしていないので普通の男女関係ととられると思った。(裸の写真を送れとか、家にいくというラインに対しては何回も拒否したことを覚えていますが、性行為自体は拒否していない

・石川優実さんは自身の芝居を榊英雄監督に褒められ、次の作品に呼んでもらえる可能性を感じ、LINEや行為そのものを断れなかった

石川優実の性被害の内容③榊英雄監督に思うこと

https://twitter.com/radionosuke/status/770275144564482048

石川優実の榊英雄監督の性被害についてまとめ③】
※2022年3月10日投稿分

・榊英雄氏は「相手の女性から近づいてきて関係を持ちました」とコメントしたが、映画の舞台挨拶やトークイベントに行ったことがそう判断されるのか疑問。そのイベントには男性俳優もいた。

イベントで関わった女優は「むこうから近づいてきた」ということで関係を持っても問題ないと思っているのか

榊英雄監督が石川優実さんに「次の作品の脚本ができたから来い」と赤坂の事務所に呼び出した

・榊英雄氏は依存症的な病気だと思う

明確に言えるのは、榊氏と関係を持ちたくなかった

榊英雄から被害を受けたとみられる女優のTwitter

石川優実さんの告白ブログには、榊英雄監督と見られる男性からの数々の女性からの被害情報が相次ぎ、以下のTwitterも掲載されています。

今回の榊英雄監督の性加害の内容が真実であれば、今後の映画界に大きな影響を及ぼしそうです。

これ以上、被害者が出ずに、俳優が純粋に作品に向かえるような環境を望みたいと思います。

【速報】榊英雄監督と共謀して性加害疑惑が報じられています!詳細はこちら⬇︎⬇︎⬇︎

目次