【特定⁉︎】小室圭の司法試験合格発表はいつ4月日程!不合格でも弁護士計画

小室圭の司法試験合格発表いつ4月26日特定

【速報】アメリカの司法試験専門サイトが合格発表日を正式に予測。日程は記事内で!

2022年2月22日、23日にアメリカNY州弁護士試験を再受験した小室圭さん。

その合格発表の日程は4月末から5月頭と報じられています。

しかし、本サイトではアメリカの司法試験専門サイトの過去のデータから、

2022年2月に実施されたニューヨーク州司法試験の合格発表の日程を割り出しました。

また、小室圭さんの2月司法試験の結果が不合格の場合でも、日本政府がある奇策で、

無試験で弁護士資格取得を主導して計画していると報じられています。

そこで今回は、
・小室圭さんの2022年2月ニューヨーク州司法試験の合格発表の日程はいつ?
・小室圭さんが司法試験再不合格でも日本政府が無試験弁護士計画の奇策は?
・月刊テーミスの小室圭ウィスコンシン州のマルケット大学に入学情報

などについて詳しくお届けしていきます。

【関連記事】小室圭試験に落ちても大丈夫!ウィスコンシン州で無試験弁護士計画を政府が奇策⬇︎⬇︎⬇︎

目次

小室圭の司法試験受験時の様子と炎上したビジュアル

小室圭2月司法試験中のデイリーメール画像

2022年2月22日、23日に実施されたアメリカ・ニューヨーク州の弁護士試験。

小室圭さんが受験する様子をイギリスのデイリーメール紙にスクープされて、その変貌ぶりが話題になりました。

久しぶりに公の場に現れた小室圭さんは、
・ロン毛のボサボサポニーテールヘアー
・胸毛チラ見せゆるゆるシャツ
・ダボダボのネイビーパンツ
・スターウォーズをテーマにしたカラフルなバンズスニーカー

・トミーヒルフィガーのジャケット
・ぽっこりお腹

というかなりラフな服装で登場しています。
しかも2日間続けて実施された試験で、2日とも同じ格好で現れています。

小室圭さんの今回の司法試験再受験の様子をデイリーメールはこのように報じています。

現役の弁護士曰く、彼が建物を去ったとき、信じられないほど暗く見えました

デイリーメール

小室圭の司法試験合格発表はいつか4月の日程特定!?

4月司法試験合格発表日から特定

現在、発表されている2022年2月のアメリカニューヨーク州の司法試験の合格発表の日程は、2022年4月末〜5月初旬

その大まかな日程のみで、合格発表の日程の詳細は公表されていません。

そこで、当サイトでは昨年までの司法試験合格発表の日程をリサーチして、今年の合格発表の日程を予測しました。

過去のデータから、2018年〜2020年までは4月24日に合格発表が行われました。

しかし、昨年2021年は4月21日に合格発表が行われています。

その理由として、その4月24日が土曜日だったため、発表されなかったと言われています。

そして肝心の2022年も24日は日曜日で、
過去10年間で土日に合格発表された年はありません。

下記の情報によると、2月の試験結果は火曜日に行う傾向があると報じています。

このことから、2022年2月に実施されたニューヨーク州の弁護士試験の合格発表日は、

2022年4月26日火曜日と推測されます。

Note that the New York State Board of Law Examiners seems to like releasing results on Tuesday through Friday most of the time (when releasing July results, they seem to like Wednesdays and Fridays, and when releasing February results, they seem to like Tuesdays). 

jdadvising

【速報】アメリカの司法試験専門サイトが特定

小室圭の司法試験合格発表いつ4月26日特定

上記、アメリカの司法試験専門サイトのJD ADVISINGが、2022年2月のニューヨーク州司法試験の結果発表日について報じています。

【日本語訳】
2022年2月ニューヨークバー試験の結果は、4月の終わりか5月の初め頃に発表されるはずです。私たちの正式な予測は2022年4月26日火曜日ですが、実際には4月の終わりか5月の初めのいつでも可能です。

時間は2020年、2021年ともに早朝に発表されています。

今回の当記事で予測した4月26日火曜日とも一致しています。
ただあくまでも推測なので、5月初旬になる可能性も否定できません。

この予測した2月司法試験合格発表日を待ちたいと思います。

小室圭の2月司法試験の合格率

小室圭2月司法試験中のデイリーメール画像

今回、受験したニューヨーク州の司法試験の内容は、下記の通りです。

【ニューヨーク州の司法試験の試験内容】
・MPT(80点) 架空の法律を基に問題の解決策を導く。分析力が問われる論文形式 制限時間3時間
・MEE(120点) 実際の法律の知識や理解に加え、記述力が求められる論文形式 制限時間3時間
・MBE(200点) 憲法・民法・刑法など主要8科目に関する200問を解く選択方式 ※制限時間6時間

上記合計点数400点満点中、266点取れれば合格と言われています。

小室圭さんが再受験した2月のニューヨーク州司法試験の合格率を見ていきます。

昨年2021年2月の合格率は49%で、
2021年7月の試験合格率63%から大きく下がっています。

例年、2月の試験の方が大きく下がるため、
小室圭さんの結果もかなり厳しいと予測されています。

また今回の再試験は小室圭さんにとって、前回と大きく異なる点は、就職した会社で仕事をしながら受験している点。

残業も多く勉強時間が取れない中で、さらに合格率が低い中での再受験で、かなり厳しい結果になると見られています。

しかし、小室圭さんは日本政府のある秘策によって、無試験での弁護士資格取得すると報じられています。それは・・・

司法試験再不合格でも日本政府が無試験弁護士計画の奇策

ジャーナリストの篠原常一郎さんによると、
小室圭さんがウィスコンシン州の大学に入学し、
無試験で弁護士になる計画が検討されている
と話しています。

今回、月刊テーミスで報じられている内容をまとめると以下になります。

【小室圭 日本政府によるウィスコンシン州の大学入学し無試験弁護士計画】

日本政府の関係者によると、

M子(眞子さま)のために、内閣府で皇室に関わる職員を中心に971庁(宮内庁)に出向している外務職員などによって構成された小室圭さんをサポートする匿名チームがニューヨーク州ではなく、ウィスコンシン州のロースクールへ入りなおすという奇策が検討されている。

またウィスコンシン州の大学を選ぶ理由として、

ウィスコンシン州は州内のロースクール卒業後、無試験で弁護士になることができる制度がある

ウィスコンシンの大学またはマルケット大学のロースクールを卒業すれば、弁護士資格を得ることができる

ウィスコンシン州と姉妹都市を結んでいる日本の自治体は14あり、進出する日本企業も多いため、仕事を斡旋することができる

と日本政府関係者は話しています。

しかも最新の情報では、小室圭さんと眞子さまはウィスコンシン州は田舎で、ニューヨーク州から離れたくないため、通信制のリモートでウィスコンシン州のマルケット大学を受験すると報じられています。

また、中央ロー・ジャーナル第15巻第2号によると、

中でも、ウィスコンシン州は、
ニューヨーク州よりも緩やかな条件で法曹資格の取得が可能である。

と明記されています。

日本政府の奇策とも言われる小室圭さんの無試験弁護士計画。

果たして、小室圭さんの2月の司法試験の結果はどうなるでしょうか。
引き続き注目していきたいと思います。

目次