Ado(歌い手)の顔画像・年齢・性別・人気の理由は?名前の由来や経歴も

中毒性の高い圧倒的な歌唱力と独特な雰囲気で話題の歌い手のAdo(アド)さん

一度聴くと忘れられない低音と高音の声・唸るような歌い方・ネガティブなのにキャッチーな歌詞と曲調、全てが類をみないAdoさん。

今回はベールに包まれた新人アーティスト

  • Adoさんの顔画像、名前の由来、年齢、性別は?
  • Adoさんの人気の理由は?
  • Adoさんのプロフィールと経歴
  • AdoさんのYouTube再生回数ランキングベスト3

などについて、どこよりも詳しくお届けします。

あわせて読みたい
YOASOBIが紅白2020で歌った場所はどこ?埼玉の美術館!
YOASOBIが紅白2020で歌った場所はどこ?埼玉の美術館!紅白歌合戦2020でYOASOBIが歌った場所が話題になっています。ナレーションでは埼玉から〜とだけ告知されていました。埼玉の美術館?図書館?いったいどこなんでしょう?...
スポンサーリンク
目次

Ado(歌い手)ってどんな人?

Ado

Ado(歌い手)の素顔は?

はっきりとした顔はベールに包まれたまま

Adoさんの公式YouTubeでAdoさん本人の歌声を聴くことは出来ますが、話している姿、本人の顔は一度も公開していません。

ただ2020年12月2日に公開された『うっせぇわ puano.ver』ではAdoさんご本人の歌っている姿が確認できます! ※上記画像参照

しかし、曲の初めから最後まで、ずっとぼかしが入っているため、はっきりとした顔や表情は確認できません。

【Adoの顔や姿の特徴】

  • ヘアスタイルは前髪ありのボブカット
  • 顔は少し頬骨が出て、顎が小さい
  • 体型は少しふくよかでバストがある

公開された動画では、シャツにネクタイにブレザーのようなものを着ているように見えます。

もしかしたら制服姿?で歌っているのかもしれませんね。

この後お伝えするAdoさんのツイッターのヘッダー画面の絵は、ご本人をコラージュしている可能性が高いですね。

Ado(歌い手)の年齢は?

Ado

【Adoの年齢】
18歳(高校3年生)※2021年1月時点

上のツイッターで2019年10月23日にAdoさん自身で誕生日をお祝いしているので、Adoさんの年齢は現在高校3年生!

あの凄まじい唸るような歌声からは想像もつかない年齢にびっくりですよね。

スポンサーリンク

Ado(歌い手)の性別は?

Ado

【Adoの性別】 女性

女性とわかるツイートがいくつか確認できました。

  • 1番目のツイートでは『〜行く女』
  • 2番目のツイートで『自分が男性だったら〜するかも』 とあり、
  • ツイート時に使用する一人称は『私』

なので、女性であることは間違いなさそうです。

多くのAdoさんを紹介する記事にも『現役女子高生アーティスト』との記載があります。

Ado(歌い手)の名前の由来は?

Adoさんの名前の由来、気になりますよね。

所属するユニバーサルミュージックのHPに名前の由来が詳細に記載されていました。

Adoという名前を採用したのは、小学校の国語の授業で、狂言の世界に存在するシテ(主役)とアド(脇役)という単語に出会ったことがきっかけ。

単純にその単語の持つ響きのかっこよさに惹かれたことから

ユニバーサルミュージックHP

Adoを使用するようになっても、アドがシテ(主役)を支える脇役であることの意味を知らなかったようですね。

ですが現在はAdoさん自身、

「今は私の曲を聴いてくださる方々の代わりに戦える存在に。

誰かの人生の脇役になれたらと思ってます」

ユニバーサルミュージックのHP

18歳の女子高生なのに、もうすでに誰かの人生の脇役になりたいって!

この頃はほとんどの子が自分=主役ですよね。

しっかりしていて、すごすぎる。

スポンサーリンク

Ado(歌い手)が人気の理由は?

Ado

現役女子高生歌手のAdoさんの人気の理由はなんでしょう?

人気の理由を考察していきたいと思います。

【歌い手Adoさんの人気の理由】

  1. クオリティの高い圧倒的な歌唱力
  2. 楽曲の複雑な面白さ
  3. ネガティブな歌詞なのにキャッチー

Ado人気の理由① クオリティの高い歌唱力

【Adoの歌唱法の特徴】

重めの低音から、叫ぶような高音を自由自在に使い分け、様々な楽曲のイメージに合わせ、歌い方を変えていくテクニックが特徴

『声を出す』というより、『魂から叫ぶ』という印象

デビュー頃の椎名林檎さんを彷彿とさせる、今まであまり聞いたことのない、一度聴いたら忘れられないキャッチーな声と歌唱。

今回の記事の最後にAdoさんの公式YouTubeの再生回数の多いベスト3をのせています。

ぜひAdoさんの歌声をじっくり聴いてみてください。

スポンサーリンク

Ado人気の理由② 楽曲の複雑な面白さ

Ado

【Adoの楽曲の特徴】

激しく疾走感たっぷりの曲調と、ミドルテンポでじっくり聴かせる曲調がミックスして展開

聴いてる人を全く飽きさせない、ドラマや映画をギュッとしたような、ドラマチックな曲展開の曲が多いように感じます。

曲自体はAdoさん作詞作曲ではなく、著名なボカロPが制作しているのですが、自身の歌声に合った曲展開の曲を選出する能力も高いのではないでしょうか。

Ado人気の理由③ ネガティブな歌詞なのにキャッチー

【Adoの曲の歌詞の特徴】

やり場のない絶望や怒りに対してもがくような内容

ちょうど今の世界の状況、混沌とした雰囲気をそのまま歌詞にしているようです。

ですが、この『絶望感』『暗さ』だけではなく、曲展開と同時に、歌詞も『ポジティブ』に変わっていきます。

その言葉もキャッチーに遊び心のある言葉で、耳に入りやすい、心に入りやすい曲に仕上がっています。

スポンサーリンク

Ado(歌い手) プロフィール

名前:Ado(アド)
本名:不明
生年月日:2002年10月24日(18歳)
出身地:東京都
所属事務所:クラウドナイン

Adoさんは2021年1月時点で、高校3年生です。

どこの高校に通学しているかなどの情報は出ていなかったのですが、現役女子高生シンガーであることは間違いなさそうです。

もうすぐ高校を卒業するので、現在よりも本格的に音楽活動に取り組んでいくかもしれませんね。

Ado(歌い手) 経歴

歌い手Asoさんのデビューから現在までの活動をまとめてみました。

Ado(歌い手) 2019年『楽曲に参加』

くじらとAdo

2019年12月23日、くじらの楽曲「金木犀」に参加。

YouTube再生回数1000万回を記録しています。

Ado(歌い手) 2020年『メジャーデビュー』

Ado

2020年3月29日、jon-YAKITORYの楽曲「シカバネーゼ」に、ボーカリストとして参加

楽曲「シカバネーゼ」は2020年Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」のトップ10入りを果たす。

Spotifyの「バイラルトップ50(日本)」とは?

ストリーミング再生数をランク付けしたチャートとは異なり、純粋にファンが聴いて共感共有した音楽のデータを示す指標を元に作られたチャートです。

同年、10月15日にユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー

同月23日にボカロPのsyudou書き下ろしの「うっせぇわ」をリリース。

Ado(歌い手) 2021年『テレビ初出演』

Ado

2021年1月22日 『ミュージックステーション』電話インタビューでテレビ生出演!

素顔を出すことなく、ベールに包まれたAdoさん。

放送の直前2日前にテレビ朝日『ミュージックステーション』に電話インタビューで生出演することが決まりました。

今回は声のみの出演ですが、歌い声のみしか聞いたことのないファンにとっては、かなり待ち遠しい日になりそうです。

放送終了後に放送内容を追記したいと思います。

スポンサーリンク

Ado(歌い手) 人気曲ベスト3

Adoさんの公式YouTubeチャンネルは2021年1月現在63.6万人の登録者数です。

公開しているAdoさんの人気曲ベスト3を、YouTubeの再生回数の多い順でランキングしてみました。

Ado(歌い手) 人気曲第1位 『うっせえわ』

AdoさんのYouTube再生回数のダントツのNO1の楽曲『うっせえわ』

再生回数なんと3683万回!(2021年1月時点)です。

現在もすごい勢いで伸び続けているので、近いうちに1億回にいきそうですね。

『この曲本当に17歳の子が歌ってるの?』と思わせる、ストレートな短い歌詞なのに、心に響まくりです。

歌ってみたいけど、素人にはなかなか手が出せそうもない曲です。

スポンサーリンク

Ado(歌い手) 人気曲第2位 『邪魔』

続いては『歌いました』シリーズで『邪魔』。

再生回数は642万回(2021年1月時点)

この曲は元々syudouさんという方のオリジナルがあり、それを『歌ってみました』という曲。

この曲を聞いていると、『腹から声を出す』というより、『魂から声を出している』というふうに感じます。

それとかなりのがなり声なので、喉もちょっと心配になってきます。

Ado(歌い手) 人気曲第3位 『ボッカデラベリタ』

続いても『歌いました』シリーズで『ボッカデラベリた』。

再生回数は608万回(2021年1月時点)

歌唱テクニックの凄さ。本当に17歳??

強弱だけでなく、喜怒哀楽の他にいくつもの感情を声にのせて、魂から歌っているよう。

一度でいいから生で歌っているのを見てみたい!

でもこのシークレット感、この世に存在する人が歌っているの感?も大事にしたいような。

Adoさんの半端ない歌の技術に、全曲圧倒されてしまいます。

今後もAdoさんの産み出す曲に注目していきたいと思います。

あわせて読みたい
藤井風の家族構成(父母親、姉兄弟)や生い立ちは?実家の喫茶店はどこ?
藤井風の家族構成(父母親、姉兄弟)や生い立ちは?実家の喫茶店はどこ?今プロの音楽関係者の中で、天才アーティストと呼ばれている藤井風(ふじい かぜ)さん。優しい歌声に卓越したピアノ演奏、宇多田ヒカル以来の和製R&Bと呼ばれ、今...
スポンサーリンク
目次
閉じる