眞子様の病気の複雑性PTSDの原因や症状や治療法は?『国民のせい』で炎上

結婚が延期されていた秋篠宮家の長女、眞子さまと小室圭さんが、
2021年10月26日に結婚されることが決定しました。

その発表と同時に、眞子さまは現在、
『複雑性PTSD』と診断されていることも判明し、


その原因を聞いた世間は、
病気の理由は『国民のせい?』と炎上騒動になっています。

そこで今回は、

・眞子さまの病名『複雑性PTSD』とはどんな病気?
『複雑性PTSD』の原因や症状や治療法は?

・今回の診断に対する各専門家の意見は?『複雑性PTSD』ではなく『適応障害では?』
・『国民のせい』と大炎上となった宮内庁や眞子さまの説明とは?

などについて詳しくお届けしていきたいと思います。

スポンサーリンク
目次

眞子様の病気は複雑性PTSDと発表

眞子様の病気の複雑性PTSDの原因や症状や治療法は?『国民のせい』で炎上

2021年10月1日、宮内庁が眞子さまと小室圭さんが、
2021年10月26日に結婚することを発表しました。

また同時に、眞子さまが現在、
『複雑性PTSD』という病気と診断されている
ことも発表。

医師は『複雑性PTSD』の診断理由について、このように説明しています。

結婚に関する、自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられるできごとが、
長期的に反復され、逃れることができないという体験をされたためだ」

日テレNEWS 24

ただ、今回、眞子さまが『複雑性PTSD』を患っているものの、
10月26日には婚姻届を提出し、
同日中に眞子さまと小室圭さんは結婚記者会見にのぞまれる予定です。

『PTSD』という病名はこれまで、
精神的な病気の一つとして、耳にした人も多いかもしれません。

今回、眞子さまが診断されたという『複雑性PTSD』とは、
どういった病気なのでしょうか。


原因や症状や治療法などについて見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

眞子様の病気の複雑性PTSDとはどんな病気?

眞子様の病気の複雑性PTSDの原因や症状や治療法は?『国民のせい』で炎上

一般的に心的外傷後ストレス障害(PTSD)は、
単純性PTSDと複雑性PTSDに分類されます。

今回眞子さまが診断された、複雑性PTSDとは、一般的にこのように説明されます。

複雑性PTSDとは?】

組織的暴力、家庭内暴力(DV)や、いじめ、
児童虐待など長期反復的なトラウマ体験を受けたときに見られる、
感情などの調整困難を伴うもの

他にも
・子供の頃、両親から厳しく育てられた
・恋人や親しい友人から裏切られた

なども複雑性PTSDの原因になることもあるようです。

もう一つの単純性PTSDとは、

単純性PTSDとは?】
震災など大きな事故のあとに心の傷として残るもの

日本でも東日本大震災など被害にあった方の、
精神的な後遺症などが挙げられるようです。

眞子さまの病気の複雑性PTSDの、
直接的な原因はどのようなものでしょうか。

スポンサーリンク

眞子様の病気の複雑性PTSDの原因は『国民のせい』?

眞子さまの診断された、複雑性PTSDとは
『複雑性心的外傷後ストレス障害』にある状態である
ことと、

精神科医の秋山剛・NTT東日本関東病院品質保証室長は診断しています。

「複雑性PTSD」は、2018年に新しく導入された診断名です。

眞子さまを診断した精神科医によると、
複雑性PTSDの直接的な原因を下記の通り発表しています。

眞子内親王殿下は、ご結婚に関する、
ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられるできごとを、
長期にわたり反復的に体験された結果、

「複雑性PTSD」(複雑性心的外傷後ストレス障害)と診断される状態になっておられます。

毎日新聞

この宮内庁が発表した文章が、今回の大炎上に繋がっているようです。

他にも「複雑性PTSD」は、言葉の暴力、
例えば、ネット上の攻撃、いじめ、ハラスメントなどでも起こりうる
として、

各情報機関の報道や一般人からのネットの書き込みも
「複雑性PTSD」の原因になると医師は発表しています。

複雑性PTSDの原因は『国民のせい』?!】

ご結婚に関する、ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する誹謗中傷と感じられるできごと

=『国民のせい』?

ただ国民としては、幼い頃から拝見している眞子さまの将来や幸せを願った上で、
心配しての声だった人が多いのではないでしょうか。

今回の眞子さまの結婚に際して、
国民でも首を傾げる疑念や問題が次々に噴出し、
一般家庭の結婚でも考える余地のある結婚と考える人が多いことも事実です。

スポンサーリンク

眞子様の病気の複雑性PTSDの症状

一般的な複雑性PTSDの症状

一般的にPTSDとは、下記のような症状が起こります。

PTSDの症状とは?】

強い恐怖を感じるトラウマの体験のために、
トラウマを想起させる出来事の回避、
何らかのきっかけによるトラウマの再体験、

些細な刺激で強い脅威を感じるといった症状

具体的な症状の例としては、下記のような症状があります。

複雑性PTSDの症状とは

自分には価値がないと思い込む
・感情が不安定になる
・他の人との関係を避けてしまう
感情調整の障がい
・解離症状
・身体愁訴
・無力感
・絶望を感じるなどがある。
・人と会うのが怖い
・人のことが信じられなくなる
・自己肯定ができなくなるなどの症状

といった持続的な症状が見られることがあるようです。

眞子様の複雑性PTSDの症状

眞子様の現在の症状について、
診断した精神科医の秋山剛医師はこう説明しています。

2018~19年頃から、誹謗中傷を正すことが難しい、
状況を変えることが困難であるという無力感を感じる状態で、
ご自分達の人間としての尊厳が踏みにじられていると感じ、
また、結婚後、平穏で幸福な生活を送りたいという願いが、
不可能となってしまう恐怖を感じる
ようになられた。

毎日新聞

このため、自分を価値がないものと考えたり、
他人との関係を避けてしまうようになった
ようです。

また、眞子様は特定の文字を見ると、フラッシュバックが起こったりするため、
誹謗中傷と感じる内容のものは出来るだけ避けてきたと言います。

眞子様の病気の複雑性PTSDの原因や症状や治療法は?『国民のせい』で炎上

【小室圭さんと母親の佳代さんの数々の問題】

・小室圭さんの過去のいじめ問題
・小室圭さんの学歴経歴詐称疑惑
小室圭さんの母親・佳代さんと元婚約書との400万円未返金問題
・小室圭さんの母親・佳代さんの遺族年金不正受給問題
小室家の父・祖父母の3人自死問題と反社の男性との関係 

など小室家の様々な問題もある時期から、
眞子様は情報を得ていないまま現在に至る可能性がある
ということになります。

眞子さまより、私たち国民の方が小室圭さんや母親の小室佳代さんについて、情報を知っている可能性が高いかもしれません。

眞子さまと小室圭さんは3年以上会うこともなく、
いきなりアメリカニューヨークでの同居生活をする予定です。

同居して、初めて小室さんについて知ることも多そうで、国民としてはかなり心配です。

スポンサーリンク

眞子様の病気の複雑性PTSDの治療法

一般的な複雑性PTSDの治療法

眞子さまの病気の複雑性PTSDの治療法としては、
一般的に下記が挙げられます。

PTSDの治療法】

・認知行動療法
・対人関係療法
・薬物療法など

認知行動療法とは、ものの考え方や受け取り方(認知)に対して、
また、何らかの行動に対して働きかける
ことで、
気持ちを楽にしたり、ストレスを軽減させる治療方法です。

対人関係療法とは、身近にいる重要な人との現在の関係に焦点を当て、
その対人関係における態度やコミュニケーションのあり方を考えていく方法
です。

薬物療法は、抗うつ薬での治療で、
トラウマについてのネガティブな考え方がやわらぐことがあります。

今回の眞子さまの複雑性PTSDの治療法については言及されていませんが、
眞子さまを診断した秋山剛医師は改善方法について次のように述べています。

スポンサーリンク

眞子様の病気の複雑性PTSDの治療法

今回眞子さまを『複雑性PTSD』と診断した精神科医の秋山剛医師によると、
複雑性PTSD』の改善方法についてこのように述べています。

結婚されることで、眞子内親王殿下のご結婚に関する、
ご自身とご家族及びお相手とお相手のご家族に対する
誹謗中傷と感じられるできごとがなくなれば、
「複雑性PTSD」の改善が進む
と考えられます。

ご結婚について、周囲の方々からの温かい見守りがあれば、
ご健康の回復がさらに速やかに進む
ものと考えられます。

毎日新聞

今回Twitterで、眞子さまのご病気発表後に
『#国民のせい』で大炎上している理由の一つは、

医師発表にあるように、
国民の誹謗中傷がなくなれば、眞子さまの複雑性PTSD』は改善する

と捉えた国民が多くいた為、病気の原因も『#国民のせい』
病気の改善方法も『#国民のせい』
とされSNSで大炎上したようです。

確かに今回の宮内庁の『眞子様と小室圭さんの結婚発表』と
『眞子さまの複雑性PTSD』の同時発表は、
国民感情に火に油を注いだ結果となっています。

スポンサーリンク

眞子様の複雑性PTSD発表に専門家の見解は?

今回の眞子さまの「複雑性PTSD」について、
各専門家の意見をまとめてみます。

福井大の杉山登志郎客員教授(児童青年精神医学)

福井大の杉山登志郎客員教授(児童青年精神医学)

「複雑性PTSD」は、児童虐待やドメスティックバイオレンス(DV)など、
長期間にわたって極めて過酷な体験にさらされた人らにみられる症状で、最重度のPTSDと言える。

眞子さまが診断された「複雑性PTSD」は、
PTSD(心的外傷後ストレス障害)の中でも最重度の病状ということになります。

そのような状態で、『結婚』という
人生の重要な決断をしても大丈夫なのでしょうか。

複雑性PTSDに詳しい精神科医の和田秀樹氏

直前まで公務をされていたことを踏まえると、
「適応障害」のほうが近いと思います。


複雑性PTSDは虐待レベルのひどいときに起こるものです。
診断基準を見てもらえればわかりますが、
悪口を言われた程度でそう診断されるのには疑問です。
診断した医師の“勇み足”のようにも見えます。

また、和田秀樹医師は、複雑性PTSDは虐待を受けてきた人が、
仕事も就けず、性格も安定しないなど症状が出るほど深刻なもの
とも話しています。

したがって、眞子さまの場合は複雑性PTSDではなく、
適応障害の症状に近いのではと述べています。

スポンサーリンク

みんなの声は?

今回の眞子さまの複雑性PTSDのご病気の発表について、
みんなの声を見ていきたいと思います。

結婚出来なくてストレスが溜まるのなら分かるが
好き勝手やってストレスが溜まるのは良く分からない。
むしろストレス溜まってるのは国民の方です。

今回の発表で一番多かった意見が、上の意見です。

確かに、眞子さまは両親や天皇・皇后様、上皇様・上皇后様、
国民への説明責任を果たすことなくご自身の結婚を強行しようとされています。

他にも複雑性PTSDを患っている患者の意見もありました。

複雑性PTSDの当事者です。
正直、この診断には首を傾げざるを得ませんでした。
複雑性PTSDは、人格が変わってしまうほどの重い病気です。
仕事や公務なんかできるはずがありません。

治療には長い長い時間がかかります。
国民の批判を抑えるために「複雑性PTSD」という診断をしたようにしか、私には思えません。

確かにこの眞子さまの発表の前日に、
にこやかに公務をされる眞子さまの映像が報じられています。

宮内庁の『眞子さま・小室圭さん結婚』と
『眞子さま複雑性PTSD』の同時発表が完全にミス
との声もあります

上記のように、以前、秋篠宮家紀子様に仕える
宮内庁職員の相次ぐ退職が問題となり報道されていたこともあります。


真相は明らかにされていませんが、
幼少期からの問題も関係しているのかもしれません。

今後、眞子さまの病状が早期に回復されることをお祈りしたいと思います。

スポンサーリンク
目次
閉じる