浜崎あゆみのアナフィラキシーの原因はワクチン?過去のドタキャン全まとめ

歌手の浜崎あゆみさんがライブ公演後、
緊急搬送されアナフィラキシーショックと
診断を受けた
ことが明らかになりました。

一時は意識不明の状態だったことも報じられています。

その影響で2021年11月7日のライブ公演は急遽中止となり、
これまでの度重なるドタキャン
ファンからも厳しい声が上がっています。

そこで今回は、

・浜崎あゆみさんのアナフィラキシーショックの原因は?薬?食べ物?
 ワクチンとの関係は?産後の体調不良との関係は?
・過去のドタキャン全まとめ

などについて詳しくお届けしていきたいと思います。

目次

浜崎あゆみのアナフィラキシーショックで緊急搬送

2021年11月7日、歌手の浜崎あゆみさんが、
アジアツアー「ayumi hamasaki ASIA TOUR 2021-2022 A ~23rd Monster~」の愛知公演の中止を急遽発表しました。

浜崎あゆみさんの公式サイトの発表がこちらになります。

11月7日(日)「ayumi hamasaki ASIA TOUR 2021-2022 A ~23rd Monster~」
愛知公演開催中止のお知らせ

11月7日(日)の公演開催は困難との医師の診察を受け、
浜崎あゆみ及びスタッフ一同協議の末、
直前でのご案内となり大変申し訳ございませんが、
やむを得ず急遽本日の公演の開催を中止させていただく
ことにいたしました

公式サイトによると、浜崎あゆみさんは
2021年11月6日の名古屋のライブの公演終了後に体調不良を訴え、病院に緊急搬送。

病院で『アナフィラキシーショック』と診断を受け、
翌日の名古屋の11月7日の公演中止が発表されました。

今回の浜崎あゆみさんの病名
『アナフィラキシーショック』とはどんな病気なのか?

また、『アナフィラキシーショック』になる原因について
詳しくみていきたいと思います。

浜崎あゆみのアナフィラキシーショックの原因はワクチン?

アナフィラキシーショックとは?どんな症状?

アナフィラキシーショックの症状とは?】

アナフィラキシーとは
「アレルゲンが体内に入ることで、複数の臓器や全身にアレルギー症状が現れ、命の危険が生じるほどの反応が出ること」

とくに、アナフィラキシーの中でも、血圧の低下や意識の消失、失神、けいれんなど重症な症状が出ることをアナフィラキシーショックといい、すぐに治療を行わないと最悪の場合、死に至ることもある

発症すると、全身に発疹が出るなどの皮膚症状や呼吸困難などの呼吸器症状、血圧の低下や意識障害などの循環器症状、下痢や嘔吐などの消化器症状などが見られるのが特徴

医療法人社団・日暮里医院の公式サイト

すぐに治療を行わないと、死に至ることもあると明記されており、
実際に浜崎あゆみさんも、
一時は意識不明の状態だったと所属事務所は発表しています。

浜崎あゆみのアナフィラキシーショックの原因はワクチン?

【一般的なアナフィラキシーショックの原因】

・主な原因としては、卵・牛乳・小麦・そば・ピーナッツ・エビやカニなどを食べることによる食物アレルギー
・ハチ、アリ、ムカデなどの虫刺され
抗生物質、解熱剤、造影剤などの薬剤の服用
・天然ゴム手袋などのラテックスに触れることで発症
運動などが原因となることもある

これらの中で、浜崎あゆみさんの
アナフィラキシーショックの直接的な原因については、公表されていません。

しかし、今回の浜崎あゆみさんの
アナフィラキシーショックの原因として可能性が高いものは、

【浜崎あゆみのアナフィラキシーショックの原因は?】

・直前に起こした足首骨折の痛み止めの
・ライブでの激しい運動
・コンサート終了後の飲食物

・コロナワクチン接種

浜崎あゆみさんはコンサートの直前の11月4日に、
自身の足首を骨折しており、
そのままライブを強行していた
と言われています。

今回のアナフィラキシーショックは
その痛み止めの薬の可能性も高そう
です。

またその痛みを抱えながらの
激しいライブパフォーマンス(運動)も影響してる可能性もあります。

他にも、2021年10月8日の浜崎あゆみさんの上記ツイッター画像には、
「vaccinated」(ワクチン接種)という文字のチェックリストにチェックを入れる動画を公開しています。

そのコロナワクチン接種後の副反応の可能性もあります。
10月8日から約1ヶ月ほど経過していますが、
下記のプロ野球選手も、
コロナワクチン後の激しい運動中に意識を失って倒れています。

プロ野球選手の木下雄介選手はコロナワクチン接種後の、
激しいトレーニング中に意識不明の重体になり、
そのまま亡くなっている事故も起こっています。
⬇︎⬇︎⬇︎

浜崎あゆみの過去のドタキャン全まとめ

ドタキャン①気管支炎で開場20分後ライブドタキャン(2017年)

2017年11月17日、ライブの仙台公演を開場20分後に気管支炎で中止という、
前代未聞のドタキャンをしています。

会場内のファンは騒然。関東・東北の他県より足を運んだファンからは

「開演前に中止はちょっと辛すぎる」
「早めに教えて欲しかった」
「せめて、なぜ前日に発表してくれなかったのか

といったクレームが巻き起こりました。

【浜崎あゆみ公式サイト】

「台風によるツアースケジュールの変更が重なったこともあり、本日医師より過労による急性気管支炎という診断内容を受けドクターストップがかかりました」(原文ママ)

しかし、あゆはその数日前、SNSで「朝から夢中で汗だくになってキックボードをやり続けてたら、ド派手に転んでひとりで薬局にマキロン買いに行きました」などと、海外と思われるリゾート地での呑気な話を書いており、とても過労状態にあるようには見えなかったのである。

日刊サイゾー

【浜崎あゆみ】

「自己管理を含めてのプロです。何の言い訳もありません」

昔はプロ意識の塊のような歌手だった浜崎あゆみさんですが、
現在は体調管理もルーズで、食生活にも全く気を配らず、
最近は激太りが話題に上がるほどです。

ドタキャン②急性気管支炎で当日ライブドタキャン(2016年)

2016年10月26日の名古屋公演でも、
浜崎あゆみさんは『急性気管支炎と急性咽喉頭炎』の診断で
急遽当日ドタキャンをしています。

名古屋市のライブハウス「Zepp Nagoya」では
3日間開催の最終日をドタキャンしており、
ラスト日を狙ってチケットを取っていたファンは落胆していました。

度重なる、ライブのドタキャンに
『またドタキャン?』
『わざわざ会社の休みを取ったけど、今回はちゃんとあるのかな?』

など、浜崎あゆみドタキャンあるあるに困惑している様子でした。

公演運営会社の公式サイトでは
「10月25日の公演終了後、医師の診察を受けた結果、
急性気管支炎、急性咽喉頭炎という診断結果でした」と説明し「スタッフ一同協議のすえ、
やむを得ず急遽公演を中止させていただくことにいたしました」としている。

産経新聞

ドタキャン③肺炎で当日ライブドタキャン(2015年)

2015年にも浜崎あゆみさんのファンクラブ「TeamAyu」会員限定で行った
12年ぶりとなるファンクラブツアーも、当日にドタキャンしています

2015年10月27日の福岡公演中止の理由は『肺炎』。
体調不良が理由とはいえ、
プロとしての責任を感じた浜崎あゆみさんはこうファンに伝えています。

【浜崎あゆみ】
「寂しい。悔しい。申し訳ない」
「誰でもなく自分自身のせい」

浜崎あゆみさんの謝罪に対しファンのみんなは、

【ファン】
無理しないで

と温かい言葉を投げかけていますが、
やはりプロとしては体調管理も含めて自己管理と
捉えている人が多くいるようです。

初日より10月27日の福岡公演まで順調に公演されていたが、「27日の公演終了後 、医師の診察を受けた結果、肺炎という診断を受けた」として、10月28日福岡公演、11月2日北海道公演の中止が次々と発表された。

http://www.ayumuseum.jpn.org/information/pickup-news2015.html

今回はアレルギーでのライブのキャンセルでしたが、
以前より体調管理を怠っているという情報もあります。

今後はライブを楽しみにしているファンのためにも、
体調管理を徹底し、万全の体調でライブに臨んでほしいですね。

スポンサーリンク
目次
閉じる