四十住さくら実家の両親(父母)や兄は韓国人(顔画像)?高校やwiki経歴

東京オリンピック女子スケートボードでメダル候補の四十住さくら(よそずみ さくら)選手。

世界トップレベルにある四十住さくら選手ですが、その両親(父親・母親)はどんな親でどのように育ててきたのでしょうか。

またさくら選手や両親が韓国人との噂もあります。そこで今回は、

四十住さくら選手の実家の両親(父親・母親)や兄は韓国人?

出身中学や高校などwikiプロフィールや経歴や成績、試合の動画などにを詳しくお届けしていきます。

スポンサーリンク
目次

四十住さくらの実家は?wiki経歴や性格

四十住さくらのwiki経歴と性格

名前:四十住さくら(よそずみ さくら)
生年月日:2002年3月15日(19歳)(2021年現在)
出身:和歌山県岩出市
身長:159cm、体重:52kg
所属:株式会社ベンヌ
職業:スケートボード(パーク)選手

子供の頃は自他共に認める人見知りな性格で、遠慮がちだった四十住さくら選手。

スケートボードをきっかけに、自信がつき、友達も増えて意思を伝えることができるようになったそうです。

「スケートボードを始める前はこれしたい、あれしたい、あの習い事したいなどもなかったので、夢中になれることがなかった。

友達も少なくて、あまり自分の意見を言ったりしなかったんですけど、スケートボードをやって自信がついた。

友達も増えて、自分がこうしたい、こうなりたいなど言えるようになりましたね」

引用元:https://www.toto-growing.com/interview71

四十住さくらの実家と自宅練習場

四十住さくら選手の実家は、和歌山県岩出市です。
現在も家族と一緒に実家で暮らしています。

四十住さくら選手がスケートボードを始めた頃、和歌山県にはスケートボード専用の練習場がありませんでした。

そのため、両親が実家に練習場を手作りしたそうです。
その自宅練習場や公園で、中学2年生ごろまで練習していたそうです。

その実家の練習場で練習しているさくら選手の動画がこちら。

スポンサーリンク

四十住さくらの出身高校や中学(学歴)

四十住さくら選手は出身中学は和歌山県立岩出市立岩出中学校です。

中学卒業後は、和歌山県立伊都中央高校に進学します。

和歌山県立伊都中央高校は、単位制の昼間・夜間定時制、通信制の学校です。

四十住さくら選手は中学生の時にすでに、

中学時代の四十住さくら選手

「将来はオリンピック選手になる」

と目標を立てて練習していたので、高校は競技と勉強の両立ができる通信制のシステムのある学校を選んだのかもしれませんね。

【四十住さくら選手の中学・高校】

・中学:和歌山県立岩出市立岩出中学校
・高校:和歌山県立伊都中央高校

スポンサーリンク

四十住さくらの両親(父親•母親)や兄は韓国人?

四十住さくら選手は4人家族です。

父親と母親、年の離れたお兄さん一人とさくら選手の4人です。

四十住さくら選手を検索すると『韓国人』という関連ワードが出てきますが、両親(父親・母親)とも日本人の方です。

ネットでは四十住さくら選手の顔立ちから『韓国人』?と思った人もいるようですが、ご両親とも日本人との情報です。

それでは、四十住さくら選手のお父さんから見ていきましょう。

四十住さくらの両親(父親•母親)の顔画像と職業と年齢

四十住さくらの父親の顔画像と職業と年齢

四十住さくら選手の父親の名前は四十住和次さん

お父さんはさくら選手が中学生の頃、全国大会に出場するために、実家のある和歌山から東京まで車で連れて行っていたそうです。

そのことから時間的に融通のきく職業かもしれません。

職業については、現在調査中ですが、情報によると父親の職業は『農業』との情報があります。

全国大会に出場するようになると、父・和次さんも東京までハンドルを握った。

引用元:THE ANSWER

【四十住さくら選手の父親】

名前:和次さん
年齢:54〜55歳 2021年現在

四十住さくらの母親の顔画像と職業と年齢

四十住さくら選手の母親の名前は清美さん。
職業はネイリストをされているようです。

中学2年生頃までは自宅の庭に作った練習場や近所の公園で練習していた四十住さくら選手。

その後、さくら選手の練習のレベルを上げる為に、母親の清美さんは県外の大阪や兵庫、奈良、三重などのスケートパークに車で送迎していたそうです。

時には日付が変わるまで練習し、サービスエリアで仮眠をとって学校に通うこともあったそうです。

お母さんは大会の前で緊張したり、自信を失くしたときに声をかけてスイッチを入れ替えてくれる存在だと話しています。

【四十住さくら選手の母親】

名前:清美さん
職業:ネイリスト

スポンサーリンク

四十住さくらの兄弟

四十住さくら選手にはお兄さんが一人いて、名前は四十住麗以八(れいや)さんと言います。

お兄さんの四十住麗以八(れいや)さんの年齢はさくらさんの13歳年上で、2021年現在32歳です。

さくらさん愛用のボードの手入れはお兄さんがされているようですよ。

また、麗以八さんは2018年にさくらさんが世界選手権で優勝した時に、
ボードに「お兄ちゃん大好き」と書いてほしいとお願いし書いたそうです。

とってもおちゃめなお兄さんですね!

【四十住さくらの兄】

名前:麗以八(れいや)さん
年齢さくらさんの13歳年上の32歳 (2021年現在)

スポンサーリンク

四十住さくらがスケートボードを始めたきっかけ

【四十住さくら選手がスケートボードを始めたきっかけ】

小学校6年生の時に、お兄さんの麗以八さんが友人とスケートボードをしているところを見て、一目惚れしたことがきっかけ

お兄さんから古いスケートボードをもらい、新しい技が出来るとお兄さんから褒めてもらえることが嬉しくて、練習をがんばったと言います。

その後、すっかりスケートボードにはまってしまった四十住さくら選手は、いつの間にかお兄さんの麗以八さんよりも上手になってしまったそうです。

その後自宅庭の練習場や近所の公園で練習し、中学2年頃になると、県外のスケートボード専用練習場まで行き練習を重ねています。

練習時間は、平日4時間以上、休日は7時間以上にもなるそうです。

スポンサーリンク

【動画】四十住さくらの成績

2016年(14歳):全日本レディースクラス 優勝
2017年(15歳):アマチュア15歳上のセクション3位(アメリカ)
2017年(15歳):日本スケートボード選手権大会女子ストリート部門 準優勝
2018年(16歳):日本スケートボード選手権 優勝
2018年(16歳):Vans Park Series 優勝
2018年(16歳):X Games Minneapolis 2018 銅メダル
2018年(16歳):スケートボード・パーク世界選手権 優勝

小学校6年生の時からスケートボードを始め、中学2年まで近所の公園や自宅庭の両親手作りの練習場で練習し、その後は県外の練習場で練習を重ねた四十住さくら選手。

高校生の頃になると、世界選手権で優勝を果たします。

スケートボードを始めてわずか5年ほどで、世界トップレベルまで上り詰めたさくら選手!才能と努力の結果ですね。

スポンサーリンク

四十住さくらのスポンサーと年収

四十住さくら選手のスポンサーを見ていきます。

世界トップレベルの成績があるため、まだ19歳ながらもスポンサーがついています。

四十住さくら選手のスポンサー

・レッドブル
・株式会社ベンヌ

・DC shoes
・株式会社オオミヤ ※地元和歌山の会社
・ポロ ラルフローレン ※スペシャルサポーター

レッドブルはCMでおなじみのエナジードリンクの会社。

四十住さくら選手は世界大会での優勝した賞金や、スポンサーからのスポンサー料などで、年収は300万円以上はあるのではないでしょうか。

また、四十住さくら選手が使用しているスケートボードは、「PREMIUM」というメーカーで、カナダのメイプルウッドが使用された重硬な素材で作られたボードを使用しています。

四十住さくらの現在の夢と将来の夢

四十住さくらの現在の夢

四十住さくら選手はある夢があります。それは、

【四十住さくら選手】

お母さんに金メダルをかけてあげたい

他のインタビューでも家族への想いを述べています。

「今はオリンピックでいい成績を残して恩返しをしたいですね。

やっぱり金メダルを獲ること。
オリンピックが終わったら旅行に連れて行ってあげたいです。

みんなが応援してくれてるから、金メダルを獲れるように毎日時間を無駄にしないように頑張らないといけない」

引用元:THE ANSWER

四十住さくら選手がスケートボードに出会ってから、
・自宅庭の手作り練習場
・県外往復3〜5時間の専用練習場の送迎
・精神面のサポートなど、様々な面でさくら選手を支えてきたお母さん。

その母親の清美さんのために、金メダルを自分の手で掴み取って、自らお母さんにかけて上げ、両親を旅行に連れて行くことが1番の夢だそうです。

四十住さくらの将来の夢

まだ19歳の四十住さくら選手ですが、オリンピック後の現役引退後の将来の夢についてもすでに考えているようです。

【四十住さくら選手の将来の夢】

自分と同じスケートボードで世界を目指す子供たちを応援したい

まだこれから現役で大活躍できる年齢、レベルにもかかわらず、すでに将来を見据えて、自分の経験を生かして、後進の指導をしていきたいと夢を持っています。

四十住さくら選手の経験と技術、強い想いがあれば、実現できるのではないでしょうか。

「オリンピックが終わってからの将来の夢は、同じ夢を持った子の応援をしたいです。

スクールで教えたいし、自分が英語を話せるようになったら海外遠征に連れて行ってあげることもできる。

選手として何歳までできるのかわからないですけど、そういうことができればと考えています」

引用元:https://www.toto-growing.com/interview71
スポンサーリンク

四十住さくらについてみんなの声

スポンサーリンク
目次
閉じる